禁煙すると肥満になる理由 一時的に太るだけ


a1180_009195

禁煙をすると太る理由 その1

禁煙をするとよく太る肥満になるというウワサを聞いたことがあります。
禁煙をすると太るというのは本当なのでしょうか?
太るというと体重の増加を意味します、一般に肥満度というのはBMI(ホディマス指数)によって導き出されます。
身長×身長/体重で26以上が肥満というように区別されています。また年齢によっても判断基準が変わってきます。

さて、禁煙によって体重が起きるのは何故なのか、原因については2種類あると考えられます。

禁煙をすることで舌にある味蕾の再生が考えられます。
味蕾とは舌にある味覚を感じる器官です。

ノンスモーカーの正常な舌とスモーカーの異常な舌の違い

非喫煙者の場合は正常に味蕾が機能しているので濃い味や塩辛いといった味覚も正常に機能します。

しかし、喫煙者の場合は味蕾が正常に働かない場合が多く、その結果として食事に対して食事が取れれば良いという考えになります。
事実わたしもガンガン喫煙していたときはとにかく脂っこいものを沢山食べられれば良いという感じでした。しかし、禁煙をすることで食事に対する感じ方も変化します。
おいしすぎて食べ過ぎてしまうのです。これが禁煙によって太る原因です。

禁煙をすると太る理由 その2

腸内環境の変化です、禁煙をすることで腸内最近に変化が見られることは一般的に常識となっています。禁煙をすることで増える腸内細菌というとプロテオバクテリアとバクテロイデスです。この細菌の特徴というと「肥満者に多く見られる細菌」です。

つまり禁煙をすると一時的に肥満者と同じ腸内環境になってしまっているのです。

この用に腸内環境や食生活の変化によって一時的に肥満になることはありますが、禁煙者のその後というとやはり肥満を意識してか、カロリーの低減化やメニューの改善などで体重の増加を防いだり禁煙による健康志向から運動などをすることによって元の体重になることがあります。

禁煙による体重の増加は対処方法がある

結局、禁煙をすると太るというのはそれなりの理由があります、先に紹介した理由にしろ正しい食生活と運動をすることで禁煙による体重の増加を防ぐことができます、また、禁煙をすることで体は正常な状態に戻りますし意識的にも無理をすることなく健康な状態を維持しようとします

このことからも禁煙をすると肥満化するというのは部分的には合っていますが、結果的にその後は心配するほどでもないのです。それよりも禁煙をすると肥満になってしまうという不安感から喫煙をしているほうが健康にはよくありません。まずは禁煙をすることによって得られる効果について学んでみてはいかがでしょうか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.