禁煙した人にしかわからない隠れたメリット


禁煙を考えている人にまず知って欲しいこと

a0001_017041

このカテゴリで紹介しています禁煙のメリットですが、実際に禁煙をする事で得られるメリットは数え上げればキリがありません。

というのも禁煙と喫煙を比べること比較することの多さが余りにも多いということです。では最初に喫煙をすることで得られるメリットについて考えてみたいと思います。

喫煙のメリットは多くても2つぐらいしかない

喫煙は百害あって一利なしと言われていますが、実際には2つくらいはあります。

  • 1 喫煙仲間を増やすことが出来る
  • 2 手持ちの悪さを隠すことが出来る

この2点だけです、喫煙仲間を増やすことが出来る、仲間が出来るのはいいことですね。

徐々に狭まりつつある喫煙環境、年々高騰するタバコの販売価格、その中で喫煙はある意味では喫煙者通しのコミュニケーションとしても有効でしょう。しかし、残念なことにたったそれだけなことなのです、公衆の飲食店では完全分煙が当たり前、居酒屋でも分煙化が進んでいます。徐々にタバコをすえる環境というのは狭まっています。

2つ目の「手持ちの悪さを隠すことが出来る」です。相手との折り合いの悪さを隠すにはタバコというのは役に立つものです。そのための手段としてタバコは有能です。しかし、それはあくまで相手との折り合いが付かないための隠す手段では?
本来、相手と意思疎通をし折り合いをつけるのが大切なので、意思疎通の不便さを隠すことは相手にしてみればいきなりタバコですか?と突っ込みを入れたくなるものです。

なぜこのように思えるかといえば私が同じだったからです、今でも若干相手との意思疎通がへたくそな私ですが、喫煙をしていたときにはそれを隠すように決まって「とりあえず一服」というような状態でした。なので手持ちの悪さというのはすごい理解できるのです。もっと折り合いをつける力があれば・・・と。

禁煙がもたらすメリット

禁煙がもたらすメリットというものは非常に多くのことがあります。このカテゴリでは禁煙のメリットについてあらゆる角度から禁煙のメリットについて紹介しています。

では、ちょっと見方を考えて禁煙者ではなく周りの人、周囲の人からの影響を考えてみましょう。

禁煙をすることでタバコを吸わない人とも付き合いが出来ます、今まで喫煙をしていたためになかなか付き合いが億劫になっていた人とも気軽にお付き合いすることが出来ます。

また、その人にとっては「この人は禁煙をしたんだ」というようにあなたに対しても評価が上がるものです。

禁煙者は喫煙者を避けます、また、喫煙者は非禁煙者を避けます、つまり人付き合いが限定されてしまうのです、人とのつながりは多くの場合良い方向に働くものです。それを制限させている原因が「喫煙」です。

折角の人生です、あなた自身の人生をたかが「たばこ」ごときで狭めてしまってはもったいないですね、ぜひとも禁煙をしてみてください、世界がかわりますよ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.