喫煙は気管支炎の元 禁煙のススメ


a0100_000034

禁煙と肺の関係

禁煙をすることで体に起きる変化、特に顕著に現れるのが肺、つまり呼吸の改善です。呼吸は人が生きていくうえでなくてはならないものです、人にとって大切なものが空気ですが、喫煙をすることで空気を体内に取り入れる仕組み、つまり肺に様々な悪影響を与えます。

喫煙者は自分の体に気づきにくい

喫煙をしていると自分の身体がどのように変化しているのか、なかなか気がつかないものです。
最初は無理をしてタバコの煙を肺に入れています、その時は非常に苦しかったはずですが徐々に慣れてしまい、結果としてタバコを吸わないと落ち着かないというようになります。

タハゴが肺に与える影響というものは非常に大きく、喫煙をしていると様々な肺疾患を患います。喫煙でかかる肺疾患については以下のようなものがあります。

  • 気管支炎
  • 慢性閉塞性肺疾患
  • 肺がん
  • 咽頭ガン

 

以上にあげたものは喉から肺までにかかる症例の一種ですが、もっとも顕著に起きるのが気管支炎です、気管支炎が起きるメカニズムについては主にタバコから出る煙を吸うことで痰が絡み、咳によって喉の粘膜が傷つくことで炎症を起こすものです。

タバコをやめれば気管支炎は治るのか?

禁煙をすることで気管支炎が治る、治療をするわけではなく、本来の状態に戻るだけです。

禁煙をすることで感じる効果というものは非常に大きいものがあります。朝起きて一服というものは禁煙をした人間に言わせると「そのいっぷくでその日1日が台無し」です。非喫煙者は朝目覚めて窓を開けると新鮮な空気で目覚めます、息をすると空気が美味しく感じるのです。

彼女に言われて気がついた体の異変

私の場合は大量に吸っていたので喫煙時は変な咳や呼吸音、彼女曰くヒュー ヒューという変な音がしていたようです。

また、風邪を引きやすくいつも咳き込んでいました。しかし、

禁煙をしてからはそのようなことは徐々になくなり、今ではタバコを吸っていたことは悪夢だったというように感じることができます。

もしもこの記事を読んでいる方で最近、肺がおかしい?と感じている人がいたのならばぜひとも「禁煙」をしてみてはいかがでしょうか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.