今すぐに考えたいタバコとライターの取り扱い 子供に迫る危険性


「タバコを吸ってどこが悪い」 「税金を納めているのだからタバコを吸う権利はある」「タバコはそれほど危険なものではない」「子供には最新の注意を払っているから危険はない」は全ての喫煙者の方にいえます、また、多くの方はマナーを守って吸っています、しかし、知らないうちに子供に危険を及ぼしている危険性もあります。もしも、ライターで火事になったら?タバコを子供が誤飲したら?子供の目にタバコの火が入ったら?など見逃せないタバコとライターが子供に与える危険性についての記事です。

 

冬場になると良く流れるニュースといえば「火災」ですが、原因が「子供の火遊び」だったとしたらどう思いますか?

当然に「親は何をやっているの?」と思いたくなりますよね。

でもですね、喫煙者の家庭にはこのような危険が多く存在しているのです。
では、なぜライターは危険なのでしょうか?

ライターはタバコに火をつけるための道具ですが子供の場合は違います、火をつけることができる道具と考えてしまうからです。

なにせ、「カチッと」すれば火が出るのですから楽しいですよね、でも火が出てもその危険性はわかりません、子供が火を怖がるのは自分が熱い想いをした、怖かった、火事の原因になると分かるまでは、ただの火がつく道具でしかないのです。

 

注意!子供の手に届くところにライターを置かないでください!

ライターがなければ子供は火遊びなどしません、また、子供が自分からライターを探すことなどしません。
子供の火遊びの原因を作っているのが「親」なのです。

一番の原因は大人の不注意です、ライターを子供の手の届く範囲においてしまうからです。その結果、子供がライターを使って火災に発展するケースが多いのです。

親がライターを不注意で置いたことによって幼子4人が亡くなったニュースは今でも悔やまれるものでした。

2010年4月2日 北海道の厚沢部町で駐車中のワゴン車にいた姉妹四人が車両火災で亡くなっています、その原因が父親が車内に残したライターだったのです、検証の結果車内にあったライターを子供が点火させてその火が付近に燃え移ったためとの報告がされています。

もしも、ライターが車内になかったら?このような悲劇は起きなかったはずです、たった一つの過ちが尊い4人の幼子の命を奪ったのです。
統計によるとライターやマッチによる火災が原因での子供の死者数の内、大半が2歳~5歳と言われています。

火災の原因がライターと認定されているのは全体の約53%です、そのうち12歳以下の子供の死傷者数は526人です。

危険!大人が誤飲しても有毒なタバコ、子供では命取りです!

 

以前住んでいたマンションでのこと、日曜日の昼下がりに救急車が来ました、住人が救急車を見ると赤ちゃんが運ばれていきました、後々、聞いた話ではタバコの誤飲が原因だったそうです。

大人でも間違えて誤飲すれば毒でしかないタバコを乳幼児が飲み込んでしまえばどうなるか想像が尽きません。
子供がタバコを誤飲すると大人よりも重症化する可能性が高くなります。

なぜ幼児はタバコを口に入れてしまうのでしょうか?

幼児にとって興味のあるものは手にとって口に入れます、タバコに限らずボタン、消しゴム、おもちゃ、最近では第三の洗剤の誤飲も話題に上りました。

そもそも、何が毒かなど分からないので口に入れて判断します、ご飯では苦いものがあれば吐き出しますしおいしければそのまま食べます、このようにして自分にいいもの悪いものを判断しているのです。なのでタバコも興味のひとつとなれば口に入れて試してしまうのは当然ともいえます。

2000年~2004年までの統計で子供の誤飲事故は2714件の内1061件がタバコが原因です、また、1歳までの乳幼児が全体の72パーセントを占めています、子供がタバコを誤飲した場合は症例でも窒息や中毒症状を引き起こすといった事例が多く、どれほど危険であるか良くわかる事例ともいえます。

 

最悪失明も!歩きタバコで子供の顔に火が・・・

歩きタバコの影響 タバコの火が子供の顔に接触

子供の目にタバコの火が入ったらどう思いますか?ましてや、それが自分の子供だったとしたら?

うちの子供に限って・・・・と思われるかもしれませんが誰が被害にあうか分からないものです。

タバコの火の温度は約800度といわれています、髪の毛であれば髪の毛は音を立てて焦げ始めます、また、皮膚では第二度のやけどになるそうです、目に入った場合は最悪失明する恐れがあります。

ちなみにタバコの火が手について火傷を負った場合は民事では損害賠償請求されますし、刑法では過失傷害罪または重過失傷害罪の責任を問われるそうです。

損害賠償責任では失明などのによって後遺症になった場合は損害だけでも数千万円を請求される場合があります。

ちょっとした不注意で最悪の結果にもなりうるタバコですので取り扱いには注意が必要ですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.