禁煙時の眠気対策 突然やってくる眠気を蹴散らす方法


禁煙をするとおきる眠気をなんとかする方法

089362禁煙をすると必ずといっていいほどおきるのが「眠気」です、禁煙によっておきる眠気というのは非常に厄介で突然襲ってくることがあります。

喫煙をしていないな人にとっての眠気というのは睡眠不足・食後などの後に訪れることが多いのですが、一方の喫煙者というのはいつも眠気が突然来るというイメージです、例えば運転中、会議中、勉強中、特にひどいのが食事を終えてテレビなどを見ている最中にもかかわらず気が付いたら寝ていたということがあります。

禁煙をするとなぜ眠気が起きるのはなぜ?

非喫煙者と喫煙者の脳内で何が起きているのか比較してみることで理解しやすいと思います。

非喫煙者の脳内では覚醒物質が覚醒物質を受ける受容体に対して正常に働いている状態なので、仕事中は覚醒作用を出す物質が分泌され、食後や睡眠中には鎮静作用を促す物質が分泌されます。

喫煙者の脳内ではニコチンによって絶えず覚醒作用と鎮静作用をもたらす物質が分泌されます、ニコチンが切れると不安感やイライラなどの不安定な気分になり、再度喫煙をすることでニコチンが脳内に入ることで満足感を得ることが出来るのです、また、脳内ではこの状態に慣れてしまいます。しかし、禁煙をするとニコチンが入ってこないのでニコチンに慣れてしまった脳は覚醒できません、その結果眠気が出てしまうのです。

禁煙によって眠気というのはおきますが、時間の経過と共に減少するのが一般的です、対策としては眠気が来たらガムを噛んだりストレッチなどをすることである程度対処することができます。

禁煙と規則正しい生活で脳は徐々に正常な状態にもどる

sozai_21010禁煙は心身ともに負担が大きいものです、規則正しい生活を送ることで徐々に脳も正常な状態になります

私も禁煙を始めて2週間ぐらいまでは猛烈な眠気に教われました、その当時はトラックの運転手をしていたので居眠り運転をしないように最新の注意を払って眠気の対策をしました、仲間と話したり、ガムを噛んだり、大目にサービスやパーキングを利用しました、また、立ち寄ったパーキングなどでは運動をすることで頭を起こした結果、なんとか眠気対策はとれました。

事務職の場合は姿勢が乱れてくることから眠気に襲われることがありますので、まずは無理の無い正しい姿勢で座り続けることを注意することである程度眠気対策になります、また、水分は少しずつ回数を多めに摂取することでも眠気対策になりますし、足の指を開いたり閉じたりしても効果がありますので是非ともお試しください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.