喫煙で悪人顔になる? 恐怖のスモーカーズフェイス


a0790_000645

喫煙をしていると悪人の顔になるといわれています。

喫煙と悪人の顔の因果関係は科学的には立証されていません、それ以前に調べるべき研究者がいないからです。しかし、喫煙と体の変化については諸説あります。

喫煙をしていると起きる身体の変化

  • 「喫煙によって血管が縮む」ことによって
  • 血管が縮むことにより皮膚を構成する細胞に栄養がいきわたらない
  • 栄養不足によりお肌の状態が良くない、結果としてシミやシワが出来やすい
  • このことからシワやくすみ、シミなどが出てしまうのです。

詳細な因果関係についてはココでは省略しますが、喫煙がお肌にもたらす影響というのは馬鹿になりません。

禁煙をしている人と喫煙をしている人のお肌を比較したものがあります。

「日本禁煙学界」著のポーラ化成工業のレポートの中に非喫煙者と喫煙者のメラニンが紫外線を受ける影響については圧倒的に喫煙者のほうが影響を受けやすいという結果が出ています。

a0002_011035

喫煙の悪人顔は精神状態も影響する

このことからもシミやシワが増えることで健康的な顔には程遠くなります、また、精神衛生上では喫煙者は喫煙することで精神を安定させています、つまり喫煙していないと気分的に落ち着きません。

その結果として精神的に安定しません、人相が良くなるわけがありません。

喫煙が原因で「悪人の顔になる」というのは科学的に立証されていませんが、因果関係から推測するとやはり答えは「イエス」といわざるをおえません、自分のお肌の状態や精神の状態が良くないと自覚している場合はいいのですが、知らずによろしくない場合があります。まずは自分の体の状態を把握することが大切です。

喫煙が悪人の顔になるというのは心配になると思いますが、対策としては禁煙がベストでしょうし、もしも禁煙がきついのであれば、ご自分の顔が悪人顔になっていないかを観察してみるのも言ってだと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.