禁煙がもたらす大きすぎるメリットについて


最近の社会では喫煙は「悪」のような風潮になっています、世界的な流れというものがありますが、世界的に喫煙に対する風当たりは日本よりも大きく激しい流れだったのですが、最近になって日本でも喫煙に対する認識が変わったのは言うまでもありません。

a0960_002394

政府広報やCM、各製薬会社,など様々な啓発が行われています。では世間では禁煙が叫ばれていますが、実際に禁煙をすることでどのようなメリットがあるのでしょうか?

このページでは禁煙をすることでどんなメリットがあるか分かるように構成していますが、ココにかかれている内容は私が実際に体験したことを忠実に記事にしてあります、つまり実体験です。

禁煙のメリットは以外に大きい

結論から言ってしまえば喫煙よりも禁煙のほうがメリットが大きすぎるのです。

喫煙をしていると自分がどのような状況なのか分からないことが多々あります、飲酒をしている人がよく「俺はよっぱらっていない」というように、自分を冷静に判断できないのです

そこで禁煙をすることで得られるメリットについて3つピックアップしました。

  • 1 呼吸が楽になる
  • 2 食事が美味しくなる
  • 3 喫煙できる場所を探さないですむ

まだまだ、非常に多くのことがあります、ココではかききれない程です、上記の三つの特徴というのは自分が禁煙をして、タバコをやめてから感じたことです。

a0002_008585

なにより、1番の呼吸が楽になるのは本当にビックリしました、喫煙をしていたときはちょっとした事ですぐに息切れをしていました、また、少し歩くだけでぜーはーしていたのです、その当時は「運動していないから」という擁護をしていました。

食事にしても喫煙をしていると普通の味付けがまるで感じられません、徐々に濃い味付けになります、その結果として高脂肪、高塩分といった料理になります。やせているのに中性脂肪が多いという体になりました。

喫煙する場所は・・・・というようにいつも不安になることもありません。

私事ですが、喫煙をしていたときと禁煙後、どこがどう変わったのか?自分で冷静に考えるようになったのは、禁煙3年目辺りでした、禁煙をして1年目ぐらいまではタバコの臭いに対してはルーズだったのですが、2年、3年と経過するごとに嫌煙になり、最近では悪煙とまでいえるほど心境は変化しました。

喫煙者だった頃と禁煙後の感想

禁煙3年経過後に自分の体や心の変化というものに対して考えました、まず第一にいえることは禁煙がもたらすメリットのほうが大きいことです。よく、巷ではタバコは百害あって一利なしという言葉が使われますが、喫煙をしていたときは「何を100害とか、吸わないほうが害が大きい」と豪語していたのを思い出します。

以上のようにたった三つだけですが、その効果は非常に大きいものです、またこれ以外にも非常に大きなメリットがあります、ただ気がついていないだけなのかもしれません。このことから禁煙がメリットのほうが大きいといえます。

禁煙のメリットは禁煙をした人にしか分かりません、もしも、禁煙を考えているのならばこのサイトにある禁煙方法や禁煙のコツなどを読んでみてはいかがでしょうか?きっと禁煙の大切さとめりっが理解していただけると思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.